宝探し

NONBIRI006

カメラのメンテナンスグッズを買いに
お店へ行った。

ふと、フィルムカメラのフィルムが店内の
隅っこの方に移動されていることに気づいて、
なんだか寂しく感じた。

NONBIRI002

現在はデジタルカメラがもう一般的に
普及したこの頃。

その場で撮影した写真がその場で見れるという
利点があり、メモリーの容量によっては、
数百枚も気兼ねなく撮れる。

最近は高性能な機能のあるカメラが出回り、
ますますデジタルカメラに対するニーズが
増えていくと思う。

その反面、フィルムといえばデメリットだらけだ。

コストの面もそうだが失敗してしまうと、その写真は
もう使えなくなるし、たくさん撮るためには、
第三形電池サイズぐらいのフィルムを大量に
持っていかなければならない。

さらに上手く撮れたかどうかも、現像してみなきゃ、
分からないという不安も重なって、それがフィルム離れに
さらに追い打ちをかけているかもしれません。

NONBIRI003

でも、そんなたくさんのデメリットがあるからこそ、
写真を撮る本当の楽しみが見い出せると思う。

デジタルのように今すぐ結果を求めず、自分が本当に
撮りたい写真を頭の中で何度も練りながら一枚一枚、
シャッターをきる楽しさがある

NONBIRI005

もしかしたら、その失敗した写真でも、フィルムだからこそ
出来る独特の味わいの1枚が見つかるかもしれない。

まるで宝探しのように、そんな写真を求め、ドキドキしながら
写真をを取ることが出来るのがフィルムカメラのいいところかもしれません。

何かと慌ただしい日々の中に、たまに写真を撮るぐらいはじっくり
時間をかけて撮ってみてはどうでしょうか?

NONBIRI007

なので、今の時代でも私はデジもフィルムも
両方とも好む欲張りなAOZORAであります。

困ったね(笑)

NONBIRI004

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中